七五三の思い出は写真館で撮影しよう|お得に撮影する方法

カメラマン

二十歳の記念を残す

和服の女性

成人式は、男女ともに晴れの舞台といえます。女性は美しい振り袖姿、男性はりりしいスーツ姿か袴姿で出席することが多いです。記念に写真を撮るという人も多いです。成人式の写真を落ち着いて撮りたいのならば、前撮りや後撮りといって当日以外の日に撮ると良いでしょう。当日だと何かと慌ただしく、写真スタジオも混んでいることが多いためです。写真スタジオでの撮影ならば、真夏でも暑くはないので、衣装が決まっているならば早めに撮ってしまうのも一つの手です。夏だと比較的空いており、料金も安いことが多いです。成人式の前後になってくると混みあうことが多くなってくるので、別の日に撮ることを決めているなら早めに予約するようにしましょう。

成人式の写真を撮るときは、姿勢に注意しましょう。スタジオで撮るときならばカメラマンから指示があることが多いのでそこまで気にしなくてもきれいに見える姿勢を決めてくれますが、友達や家族と撮るときは意識して姿勢を正しましょう。着物はぴしっと背筋が伸びているときれいに見えます。指先もなるべくそろえるようにしましょう。もちろん、着崩れていては台無しなので着崩れにも注意が必要です。振り袖を着たときは、振り袖の柄全体が写るような袖を広げた写真や、後ろからのショットも撮っておくのも良いです。前から撮っただけや上半身だけだと、一部分しか写らないので、写りにくい部分も撮ってもらうとよい記念になるでしょう。